がん治療

患者さん・市民の方へ

 陽子線によるがん治療

切らずに治すがん治療

陽子線治療に関する詳しい情報はこちらから
南東北がん陽子線治療センター

南東北がん陽子線治療センター

陽子線市民公開講座

切らずに治療できるがん治療をご案内する講演会です。
陽子線市民公開講座予定表

従来の放射線照射では困難な疾患にも、すぐれた効果を発揮します。

粒子線照射の有効性が期待されている代表的な疾患は、前立腺がん・肝がん・肺がん・食道がん・頭蓋内病変(動静脈奇形など)・頭頚部腫瘍(上咽頭がん、副鼻腔がんなど)です。いずれの疾患も外科手術や従来の放射線では治療が難しかったものです。 これまでなかなか効果があがらなかったがんに対して、粒子線照射は優れた治療成績を示すことが明らかになりつつあります。 各地で臨床試行が実施されるなかで、将来には粒子線照射の適応範囲が拡大されていくことが期待されています。

粒子線治療の特徴

がん病巣だけをねらいうちするので…
●正常組織への損傷が少なくなります。
●放射線の影響を受けやすい器官の近くにあるがん細胞にも照射できます。
●患者様の負担が減ります。高齢者にも優しい治療法です。
●治療後の社会復帰に支障をきたさない治療法です。

粒子線治療の特徴

陽子線治療とは?

がん治療に利用される放射線は、大きく光子線と粒子線の2つに分けられます。光子線とは、光の波であり、X線・ガンマ線など従来の放射線治療に利用されます。粒子線は、その名のとおり、水素の原子核・炭素の原子核等の粒子を利用した放射線で、そのうち特に陽子線と重イオン線を用いた治療を「粒子線治療」とよんでいます。

陽子線治療

陽子線って?

陽子は水素原子から電子をはぎとった、正の電荷をもった粒子(イオン)です。陽子を加速器を使って高エネルギーまで加速すると、透過力の大きい電離放射線となります。これが陽子線です。

陽子線

お問い合わせ先

一般財団法人 脳神経疾患研究所/総合南東北病院
電話:024-934-5322