がん治療

患者さん・市民の方へ

 ガンマナイフ

ガンマナイフの概要・原理

 ガンマナイフは1968年スウェーデンのカロリンスカ大学脳神経外科レクセル教授によって開発された脳内病変治療装置です。具体的には201本の細かい放射線ビームを虫めがねの焦点のように病巣部にのみ照射する治療法です。研究の結果、ガンマ線の照射による治療が適していることが判明し、コバルト60をエネルギー源としたガンマナイフが誕生しました。

ガンマナイフ

装置には201個のコバルト60線源が半球状に組み込まれており、患者さまの頭部に装着されたヘルメットの穴を通して、ガンマ線を病巣部に集中照射します。
 ガンマ線1本1本の力は弱く、照射時に通過する頭皮、骨、脳、血管、神経へ影響を及ぼす恐れはありません。
 ところが、焦点のごく狭い範囲にのみ強力なエネルギーが発生し、脳腫瘍や脳動静脈奇形などの病巣を選択的に破壊することが出来ます。これにより、今までは手術不可能とされていた深部の病巣にも適用でき、まるでメスで切り取るように病巣の治療ができるのです。

お問い合わせ先

一般財団法人 脳神経疾患研究所/総合南東北病院
電話:024-934-5322