■ 温熱療法(高周波ハイパーサーミア)とは


がん組織は正常組織に比べ熱に弱いことが世界の科学者によって証明されています。

がん組織は42.5℃以上の温度で死滅します。

 

がんは、身体の表面から深い臓器に至るまでほとんどの

組織にできる病気です。温水などの普通の加温では、所定

の温度(42.5℃以上)に高めることは不可能ですが、高周波

エネルギーを巧みに利用することによって加温が可能です。

また、高周波をがん組織と正常組織に同時に加えても正常組織は血管が拡張して血流が増え、放熱しやすいが、がん組織はほとんど血管の拡張が無く、血流が少ないため、蓄熱しやすく、正常組織に比べ高い温度が保てます。

 この特性に着目し、生まれた治療法が温熱療法(高周波ハイパーサーミア)です。

 


■ がん細胞は血流不足

がん細胞は一般的に血流不足、酸素不足のため代謝が変わり乳酸がたまって酸性に傾き、 そのため熱に弱くなります。がん細胞は相互に連絡が悪く、正常細胞のように高温に耐えられないので、死滅します 。

図1 加熱時間と細胞の生存率

がん細胞は正常細胞に比べてpHが低いため熱に弱く、死滅しやすくなります。

■ がん治療の種類と温熱療法(高周波ハイパーサーミア)

現在のがん治療として健康保険で認められているものには、外科治療、化学治療、放射線治療、 そして最近開発された温熱療法(高周波ハイパーサーミア)があります。従来の療法との併用も行うことが可能です。このほか免疫治療も注目されています。

 


温熱療法(高周波ハイパーサーミア)
ハイパーサーミア治療は正常組織にダメージを与えることなくがんの病巣のある領域を
治療することができますので、従来見られるような副作用や後遺症などがなく、理想的な
治療として注目されています。

■ 温熱療法(高周波ハイパーサーミア)の良いところ

温熱療法(高周波ハイパーサーミア)が直接がん細胞を壊死させる他に、次のような重要な役割
をすることが分かっています。

・温熱療法(高周波ハイパーサーミア)によって免疫が著明に活性します

高周波を組織に加え、39℃〜41℃になりますと免疫(NK細胞、インターフェロン-γ,
マクロファージ等)が著明に活性化し、がん組織を死滅させることも期待されています。

・QOL(生活の質)が高まります

がん治療の多くは副作用が伴いますが、温熱療法(高周波ハイパーサーミア治療)は、そのような
副作用がほとんどありません。治療を進めると疼痛の緩和、食欲増進、体力の回復、気分が良く
なるなど、療養中の生活の質の向上も大きく得られます。

・その他治療との併用効果が得られます。

○温熱療法(高周波ハイパーサーミア治療)は、がん組織へ薬剤の取り込みを増やします。
高周波をがん組織に加え39℃〜41℃程度に発熱させると、がん組織へ抗がん剤
等の取り込みが通常の数倍多くなり、薬剤効果を一段と高めます。
また、薬剤の投与量が少なくでき、副作用の軽減ができます。

○温熱療法(高周波ハイパーサーミア治療)は放射線治療の効果を増強させます
温熱療法(高周波ハイパーサーミア治療)を併用することにより、放射線効果をさらに高め、黒色腫など放射線
抵抗性のがんに有効なことも実証されています。

協力 山本ビニター株式会社・毎日健康サロン

がん治療PET検査専門外来のご案内人間ドック
理事長が答える 病気のよろず相談
お見舞いメール
病院コラム