がん治療

患者さん・市民の方へ

 IMRT治療

IMRT

 放射線(X線など)によるがん治療は、一般的に腫瘍に照射する放射線量を増やせば抗腫瘍効果は大きくなりますが、同時に放射線による合併症の頻度も大きくなります。つまり、がん患部以外の正常組織にも照射されるからです。この疑問を解決したのが強度変調放射線治療(lMRT=Intensity Modulated Radiation Therapy)です。IMRTとは、コンピュータの助けを借りて腫瘍部分のみに放射線を集中照射して治す画期的な新照射技術です。これによって、従来の方法では不可能だった理想的な放射線治療が可能となり、腫瘍制御率の向上や合併症の軽減が期待されます。IMRTはコンピュータによる治療計画(インバースプラン)の計算通りの照射を可能にする、コンピュータ制御の特殊照射法に特徴があります。インバースプランは何千、何万通りもある照射法の中から最適な方法を算出して、理想的なビームパターンを作成します。さらに、コンピュータがマルチリーフコリメータという装置を制御して計算通りの照射を行います。IMRTでは各放射線ビーム内の強度は照射野の中の各点で異なるのですが、最終的には全てのビームの分布を合計すると目的の線量分布が実現されるのです。

強度変調放射線治療(lMRT)を行うリニアック棟がこのほど総合南東北病院南棟の救急外来室の隣接して完成しました。この中に最新鋭のリアニック医療機器であるVarian社のCLINACixLineaAcceleratorが導入され、放射線による、がん治療が行われます。

IMRT

IMRT

IMRT IMRT

IMRT

お問い合わせ先

一般財団法人 脳神経疾患研究所/総合南東北病院
電話:024-934-5322