南東北病院

サイバーナイフM6は「切らずに治療する」最新の治療装置です。

脳腫瘍や脳動静脈奇形、頭頸部や体幹部にできたがんなどの悪性腫瘍に対して多方向からピンポイントで放射線を照射することにより、腫瘍周囲の正常細胞の障害を最小限にしながら治療することができます。

サイバーナイフの特徴

高性能

病変を正確に狙い撃つ「病変追尾システム」

腫瘍や患者さんの位置を追跡し、動きに応じて照射方向を補正しながら治療します。
最先端の画像解析技術と巡航ミサイルにも使用されている情景照合装置を応用した病変追尾システムが腫瘍を追尾して正確に照射します。

低侵襲

治療のつらさ、痛みを伴わない「プラスチック製マスク」

頭部病変の治療ではマスクで、体幹部病変では背部固定具などを用いて動きを少なくして照射します。
麻酔や鎮静剤の注射は不要です。

治療自由度

通院での治療が可能な「分割治療」

腫瘍に一回で大線量を照射する治療法や数日かけて分割する照射など腫瘍のタイプによって使い分けを行います。
体の負担が少ないので通院での治療が可能です。

フレキシブル

さまざまな形態の病変に柔軟に対応

6つの間接をもつロボットアームをコンピューターで制御することで最大1,200の方向から正確に放射線を照射します。
頭蓋底、脊髄、頭頸部、体幹部など広汎な部位に発生した腫瘍を治療できます。

治療の対象となる疾患

頭蓋内疾患 髄膜種、下垂体腺腫、聴神経鞘腫などの良性腫瘍
転移性脳腫瘍や悪性神経膠腫などの悪性腫瘍
脳動静脈奇形などの血管病変
三叉神経痛(保険適用外)
脊椎脊髄病患 良性または悪性の脊椎/脊髄腫瘍
脊椎近傍腫瘍
脊髄動静脈奇形
頭頸部疾患 耳鼻科、口腔外科、眼科領域の腫瘍
頸部リンパ節、骨などの転移性腫瘍
体幹部病患 原発性/転移性肺腫瘍
原発性/転移性肝腫瘍
前立腺がん
その他の原発性/転移性体幹部腫瘍

治療例

治療の流れ

1

お問い合わせ

お問い合わせいただき、来院日を決定します。
すでに他の病院の診察や治療を受けられている場合は、主治医からの紹介状や画像データ(CT、MRI等)の資料をご準備ください。

2

外来受診

これまでの病歴、受けてきた治療、現在の状態、他院からの紹介状をもとにサイ バーナイフ治療が可能か検討します。
また、MR、CTやPETCTといった画像診断により病巣の正確な位置や大きさなどを 把握します。

3

治療計画作成

治療にあたり一人一人の患者さんに合わせた固定用の器具を作り治療計画用のCTやMRIを撮影します。
画像をもとに治療計画を作成します。

4

サイバーナイフ治療

治療時間は病変の大きさや形、場所によって異なりますが一回あたり30分から1時間程度です。
外来で通院治療可能です。

医療費について

サイバーナイフによる治療は健康保険診療が適用されます。

(三叉神経痛など一部保険診療適応外があります。)

お問い合せ先

南東北PET・サイバーナイフ高度診断治療部門
担当医師 菊池泰裕

TEL.0120-373-107 / FAX.024-934-5409

メールによるお問合せはこちら