医師紹介

 

総合血管内治療センター 放射線科

IVRと言う患者さんに優しい治療を行っています。 平成22年4月より福島県で初めて日本IVR学会専門医修練施設として認定されました。

 

IVR(アイ・ヴイ・アール)について、解説し、実際の病気の治療にどのように使われているかを紹介させていただきます。
 
 IVRはインターベンショナル・ラジオロジー(InterventionalRadiology)の略です。日本語訳として一般的に「放射線診断技術の治療的応用」という言葉が用いられますが、「血管内治療」、「血管内手術」、「低侵襲治療」、「画像支援治療」もほぼ同義語として使われています。エックス線透視や超音波像、CTを見ながら体内に細い管(カテーテルや針)を入れて病気を治す新しい治療法です。
 IVRは手術を必要としないため、身体にあたえる負担が少なく、病気の場所だけを正確に治療でき、入院期間も短縮できるなど優れた特徴を持っています。高齢者や状態の悪い進行ガンをふくめたガンの治療に広く応用され、その他に緊急状態(大出血)からの救命や、血管などの閉塞あるいは動脈瘤に対する治療にも有効な治療方法です。
 IVRには以下のような種類があり、病気の種類や状態によって選択し、時には組み合わせて治療することもあります。
 

1.血管(Vascular)IVR

動脈塞栓術(TAE)、リザーバー留置術、静脈塞栓術、経皮的血管拡張術(PTA)、ステント留置術、ステントグラフト留置術

血栓溶解術、血管内異物除去術、TIPS

2.非血管(Non-vascular)

生検、胆管ドレナージ、膿瘍穿刺ドレナージ、経皮的腎瘻造設術、結石除去術、ステント留置術、胃瘻・腸瘻造設術

ラジオ波熱凝固術、経皮的椎体形成術

 
当院は画像診断・ IVRが非常に充実しています。
CT5台(一台は心臓CT)MRI5台(一台は3T)PET/PET-CT5台、血管造影装置3台、核医学検査等の画像診断機器を擁しています。
画像診断機器の設置台数、読影件数ともに東北地方ではトップクラスの症例数です。
また、今回発表したIVR治療件数も全国的に見ても有数の件数です。
スタッフは画像診断・IVR部門は7人の放射線科専門医と2名の医員、そして2名の日本IVR学会認定専門医が在籍しています.日本IVR学会認定専門医は福島県では当施設以外には在籍していません。
総合血管内治療センター センター長 今井茂樹