附属 南東北眼科クリニック

関連施設

 医師紹介

医師紹介

小林 健太郎

南東北眼科クリニック 院長
小林 健太郎

●医学博士
●日本眼科専門医
●PDT(光線力学療法)認定医
●多焦点眼内レンズ先進医療認定医
●ボトックス認定医
●CTR(水晶体嚢拡張リング)認定医
●トラベクトームライセンス取得
●視覚障害者用補装具適合認定医
●オルソケラトロジー認定医

平成4年 福島県立医科大学卒
平成15年4月 一般財団法人脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院
平成16年4月 一般財団法人脳神経疾患研究所 附属 南東北眼科クリニック

小林 奈美江

南東北眼科クリニック 副院長
小林 奈美江

●医学博士
●日本眼科専門医
●日本眼科学会指導医
●PDT(光線力学療法)認定医
●多焦点眼内レンズ先進医療認定医
●ボトックス認定医
●CTR(水晶体嚢拡張リング)認定医
●トラベクトームライセンス取得
●オルソケラトロジー認定医

平成8年 藤田保健衛生大学卒
平成14年 福島県立医科大学大学院卒
平成15年4月 一般財団法人脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院 眼科
平成16年4月 一般財団法人脳神経疾患研究所 附属 南東北眼科クリニック 副院長 兼

小野田 貴嗣

南東北眼科クリニック
小野田 貴嗣

●ボトックス認定医

平成13年 北里大学卒
平成25年10月 一般財団法人 脳神経疾患研究所 附属 南東北眼科クリニック兼総合南東北病院眼科

専門外来のご案内

 専門外来は全て予約制となっております。詳しくは眼科クリニックまでお問い合わせください。

千葉大学 眼科 名誉教授
安達 惠美子(非常勤)

●神経眼科、網膜色素変性症、電気生理学


野呂瀬 一美

千葉大学 寄生虫講座
野呂瀬 一美(非常勤)

●眼トキソプラズマ症、眼感染症





藤原 聡之

日本眼科専門医
藤原 聡之

●福島県立医科大学 卒
●秋田大学医学部眼科学分野准教授(2007〜2013年)
●医学博士
●日本眼科専門医
●PDT(光線力学療法)認定医
●ボトックス認定医
●CTR(水晶体嚢拡張リング)認定医


学会発表症例・雑誌投稿症例・当院初期研修医受け入れ実績と発表実績

学会発表症例

平成26年11月13日~11月16日 第68回日本臨床眼科学会
「良性胸腺腫に伴う悪性腫瘍随伴網膜症の1例」
演者:小林奈美江
共同著者:小野田貴嗣、小林健太郎、安達惠美子

平成26年11月13日~11月16日 第68回日本臨床眼科学会
「鼻涙管癌に陽子線治療を施した1例」
演者:小野田貴嗣
共同著者:小林奈美江、中村達也、小林健太郎、八子恵子

平成26年10月4日 第92回福島眼科集談会
「鼻涙管癌に陽子線治療を施した1例」
演者:小野田貴嗣
共同著者:小林奈美江、中村達也、小林健太郎、八子恵子

平成26年4月3日~4月6日 第118回日本眼科学会総会 第29回アジア太平洋眼科学会 第34国際眼科学会
「当眼科で発見された106例の下垂体腫瘍」
演者:小林奈美江
共同著者:小野田貴嗣、小林健太郎

平成26年3月28日 第89回日新眼科談話会
「若年男性に発症した増殖サルコイドーシス網膜症の1例」
演者:小野田貴嗣
共同著者:小林奈美江、小林健太郎

平成25年11月9日 第90回福島眼科集談会
「尿細管間質性腎炎・ぶどう膜炎症候群の2例」
演者:小林奈美江
共同著者:小野田貴嗣、小林健太郎

平成25年10月31日~11月3日 第67回日本臨床眼科学会
「Rathke 嚢胞による小児視神経炎の一例」
演者:小林奈美江
共同著者:陳逸寧、小林健太郎、池田秀敏、安達恵美子

平成25年9月27日~9月29日 7th Asia Neuro-Ophthalmology Society Congress
「Optic Neuritis Caused by a Rathke's Cleft Ctst in a Child」
演者:小林奈美江
共同著者:陳逸寧、池田秀敏、小林健太郎、安達恵美子

平成25年6月8日~6月11日 European Society of Ophthalmology 2013
「Asymmetry in hemifield macular thickness as an indicator of early glaucomatous structural or fumctional progression」
演者:陳逸寧
共同著者:小林奈美江、小林健太郎

平成24年6月30日~7月1日 第30回日本眼腫瘍学会
「ぶどう膜悪性黒色腫3症例の検討」
演者:陳逸寧
共同著者:小林奈美江、小林健太郎、八子恵子、辻比呂志、菊池泰裕

平成24年9月1日 第50回眼科手術勉強会
「涙道内視鏡症例と緑内障express の使用経験」
演者:小林健太郎

平成24年9月28日~9月30日 第23回日本緑内障学会
「Asymmetry in Hemifield Macular Thickness as an Indicator of Early Glaumatous Progression」
演者:陳逸寧
共同著者:小林奈美江、小林健太郎

平成24年10月10日~10月13日 European Association for Vision and Eye Research
「Asymmetry in hemifield macular thickness as an indicator of early glaucomatous structural or functional progression」
演者:陳逸寧
共同著者:小林奈美江、小林健太郎

平成24年10月25日~10月28日 第66回日本臨床眼科学会
「内因性眼内炎が先行し細菌性髄膜炎を来した1症例」
演者:陳逸寧
共同著者:小林奈美江、小林健太郎、土屋真理夫、山本悌司

平成24年11月17日~11月18日 第53回台湾眼科医学会学術検討会
「Migraine Followed by Visual Field Defects: Three Case Reports」
演者:陳逸寧
共同著者:小林奈美江、小林健太郎

平成25年3月24日 第89回福島眼科集談会
「視野異常を伴うラトケ嚢胞12症例の検討」
演者:小林奈美江
共同著者:陳逸寧、小林健太郎、池田秀敏

平成25年4月12日~4月14日 中華民国眼科医学会 第48回地方学術研討会
「Rathke's Cleft Cyst Complicated with Visual Field Defect: Case Series」
演者:陳逸寧
共同著者:小林奈美江、小林健太郎、池田秀敏

雑誌投稿症例

臨床眼科 2015年69巻9号
「胸腺腫に伴う悪性腫瘍随伴網膜症の1例」
著 者:小林奈美江
共同著者:小林健太郎、小野田貴嗣、土屋真理夫、安達惠美子


臨床眼科 2015年69巻10号
「涙道癌に陽子線治療を施行した例」
著 者:小野田貴嗣
共同著者:小林奈美江、小林健太郎、中村達也、八子恵子


当院眼科と当院脳外科で下垂体の共同研究を行い、ドイツの出版社より教科書に掲載されました。
2015年6月1日発行 Lessons learnt from 2000 cases of pituitary surgery
「Retrospective analyses of ophthalmological findings in 106 cases of suspected pituitary tumors」
Namie Kobayashi,MD,PhD,Kentaro Kobayashi,MD,PhD,Takatsugu Onoda,MD,Hidetoshi Ikeda,MD,PhD.
1)Department ophthalmology,Southern Tohoku General Hospital.
Southern Tohoku General Hospital,7-115 Yatsuyamada,Koriyama,Fukushima 963-8563,Japan
2)Research Institute for Pituitary Disease,Southern Tohoku General Hospital,7-115 Yatsuyamada,Koriyama,Fukushima963-8563,Japan


臨床眼科 2014年68巻8号
「Rathke嚢胞による小児視神経炎の1例」
著 者:小林奈美江
共同著者:小林健太郎、小野田貴嗣、陳逸寧、池田秀敏、安達惠美子


Hindawi
「Optic Neuritis Caused by Rathke's Cleft Cyst in Young Adult」
著 者:小林奈美江
共同著者:Toshiyuki Oshitari,Kentaro Kobayashi,Takatugu Onoda,Hidetoshi Ikeda,Emiko Adachi


眼科臨床紀要  2014年7巻4号
「尿細管間質性腎炎・ぶどう膜炎症候群の2例」
著 者:小林奈美江
共同著者:小野田貴嗣、小林健太郎


郡山医師会報78
「ラトケのう胞の早期発見のポイント」
著 者:池田秀敏
共同著者:小林奈美江、小林健太郎


臨床眼科 2011年 65巻 2号
「超急性期網膜中心動脈閉塞症に組織プラスミノゲン活性化因子(rt-PA)静注療法を施行した1例」
著 者:小林奈美江
共同著者:島田頼於奈、小林健太郎、金子知香子、久保 仁、山本悌司、片山宗一


臨床眼科 2011年 65巻 13号
「抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎5例の臨床経過と治療選択」
著 者:山下和哉
共同著者:島田頼於奈、小林奈美江、小林健太郎、金子知香子、久保 仁、下地眞哉、片山宗一、山本悌司

当院初期研修医受け入れ実績と発表実績

陳 逸寧先生 H22.12.6~H23.2.5、H23.10.3~H24.3.31
[学会発表]
・第22回日本緑内障学会 H23.9.23~H23.9.25
 「前眼部三次元OCTを用いた開放隅角緑内障の隅角形状の日内変化の解析」
・第65回日本臨床眼科学会 H23.10.7~H23.10.10
 「片頭痛を伴い右眼耳側半盲を呈した1例」
・AMERICAN ACADEMY OF OPHTHALMOLOGY AAOE2011 H23.10.22~H23.10.25
 「Quantitative Analysis of Diurnal Variation of Anterior Chamber Angle with Anterior Segment OCT」

A先生(筑波大卒・当院初期研修医) H22.6.7~H22.7.31、H22.12.6~H23.3.31
・福島県眼科集団会発表
 「抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎5例の臨床経過と治療選択」2011年臨床眼科65巻13号 掲載

B先生(山梨大卒・東北大学初期研修医) H23.5.9~H23.7.30、H23.10.11~H23.11.5
・福島県眼科集団会発表
 臨床眼科 投稿中

C先生(東北大卒・当院初期研修医) H21.10.4~H21.12.31

当院眼科の特徴

当院眼科の特徴 全室温泉を完備し、入院患者さんが快適にご加療いただけるようになっております。また、他科に入院中の患者さんも南東北眼科クリニックで診療を行っております。全身状態が悪い方は、総合南東北病院と連携し全身管理下で手術を施行しております。

多焦点眼内レンズの先進医療認定施設です。
乱視が強い患者さんには乱視用眼内レンズを使用し、術後裸眼視力の回復の向上に努めています。

眼科手術は、白内障、網膜硝子体、緑内障、斜視、眼窩、涙道、眼瞼手術、外傷など、すべての眼疾患に対し、南東北眼科クリニック、総合南東北病院眼科で対応しています。

眼科手術は、毎日行っており、患者さんの都合や、ご希望に沿って日帰り手術、入院加療に対応しております。入院期間は、短期入院を心がけ、後発品も積極的に採用しており、経済的負担を最小限に抑えるよう努力しております。

一般眼科の他、特に、網膜症硝子体疾患に力を注いでいます。また、脳疾患患者が多く、神経眼科の患者さんが多いのも特徴です。

加齢性黄斑変性症に対し、抗VEGF硝子体注射、光線力学療法を施行しています。

糖尿病、高血圧、脳卒中患者さんに対して、他科と連携し、全身と眼の疾患の管理を強化しています。

小児、車椅子の患者さんに対して負担が少ないよう手持ちの診断機器を取り揃え、患者さんに優しい医療を心がけております。

オルソケラトロジー認定施設です。(詳細は別記)

眼瞼痙攣でお困りの方には、ボトックス注射を行っております。

予約の方が優先となっております。初めて受診される方は、予約をされることをお勧めします。