附属 南東北眼科クリニック

関連施設

 検査機器

1.ハイデルベルグ HRA+OCT

HRA+OCTとは?

HRA+OCT共焦点レーザー走査型眼底検査装置(HRA)とスペクトラルドメインOCTを世界で初めて融合させた三次元画像解析システムです。
加齢黄斑変性症(AMD)から糖尿病黄斑浮腫にいたる網膜疾患の幅広い診断に必要な検査することができます。
東北地方で初めて当病院に導入されました。

フルオレセイン蛍光血管造影、ICG蛍光血管造影、自発蛍光、レッドフリー、赤外反射などのモダリティ画像にもOCT断層画像を同時にマッピング表示することができる。

HRA+OCT

HRA+OCT

高解像度の画像を撮影、視細胞層のどの微細な部分も識別することができます。

HRA+OCT

ハイデルベルグHRA+OCTとZEISS3000の比較

①これまでの加齢黄性斑変性症のOCT画像(ZEISS3000)

これまでの加齢黄性斑変性症のOCT画像

②HRA+OCTの加齢黄斑変性症の画像

HRA+OCTの加齢黄斑変性症の画像

上記は2例とも同じ加齢性黄斑変性症の方の症例です
②でははっきり網膜のむくみや脈絡膜新生血管などが分かります
①と②を比べてみてわかるように、画像の解像度が良く特定部位の詳細な比較、観察することができます

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

器機の特徴

■初期のAMD疾患などの画像をOCT断層画像と同時にマッピング表示することができます。
■フルオレセイン蛍光血管造影は眼底診断の基準に用い、赤外反射とOCT画像を組み合わせた非侵襲診断に進むことができます。
■長期的な眼底のフォローアップの際には、高解像の画像で特定部位の詳細な比較、観察ができます。
■ICG蛍光血管造影とフルオレセイン蛍光血管造影の同時撮影により、脈絡膜血管の深部を明瞭に観察することができ、経過を予測することができます。

患者さんへのメリット

■造影検査(FA・IA)は眼底カメラのようなフラッシュを使わず、レーザー光を眼底に当てて撮影するので、眼底カメラよりまぶしくなく、鮮明で高解像度の画像を撮ることができます。
■通常では行うことができない、2種類の造影剤(FA・IA)を使った同時撮影も可能なので、通常の造影剤より少ない量で検査することができるので、患者さんの負担も軽減することができます。

2.PDT(光線力学的療法用半導体レーザー) 加齢性黄斑変性症の最新レーザー機器 1台

PDT(光線力学的療法用半導体レーザー) 加齢性黄斑変性症の最新レーザー機器 黄斑部中心窩に発生した新生血管に対する新しい治療が始まりました。特殊な薬剤とレーザーを組み合わせることで、周囲の網膜に影響することなく、新生血管のみを選択的に固める治療が、このレーザーの機械でできるようになりました。
 治療後は三ヶ月ごとに蛍光眼底造影検査を行い、新生血管が残っている場合は再治療が必要になります。
 一回の治療で新生血管が沈静化することは少なく、数回のレーザー治療が必要になる場合が多いです。

PDT(光線力学的療法用半導体レーザー) 加齢性黄斑変性症の最新レーザー機器

3.マルチカラースキャンレーザー光凝固装置 MC-500 Vixi 1台(NIDEK)

 従来は単発レーザーで網膜全体の凝固にかなりの時間と疼痛を伴っていましたが、 当院の最新のレーザーでは一回の照射で25発打てるため、疼痛も少なく、時間も短縮でき患者さんにやさしい治療が可能です。
スキャンパターンは22種類あり、網膜の複雑な疾患に適したパターンの選択が可能です。


マルチカラースキャンレーザー光凝固装置  マルチカラースキャンレーザー光凝固装置

4.CIRRUSHD-OCT(ZEISS社) 1台

緑内障診断のための網膜神経線維層厚解析、視神経乳頭形状解析、網膜神経節細胞解析が可能です。

視神経乳頭形状解析
視神経乳頭形状解析

5.CASIA(TOMEY社) 1台

前眼部(角膜形状解析、隅角、濾過胞)の撮影ができます。

CASIA
円錐角膜の方の角膜形状解析結果
CASIA
急性緑内障発作の方の隅角写真

6.FDT視野(初期緑内障視野異常検出) 1台

FDT視野 従来の視野検査では異常が検出されなかったごく早期の緑内障も検出できます。
 この器械により、片眼につき約45秒と短時間で検査が可能となりました。この視野計は早いだけではありません。視機能障害を調べる検査の一つが視野検査ですが、眼の神経には大きく分けて色・形・視力にかかわる細胞と,物の動き・ちらつきなどにかかわる細胞があります。
 この視野計はこの"ちらつき"に反応する神経細胞が障害された視野に反応します。これにより極早期の緑内障の発見が可能となりました。
 緑内障は、早期発見が大切なので、 40歳以上の方は一度精密検査をされることをおすすめします。
 また、緑内障では眼圧が日内変動をするため、当院では、眼圧の一泊入院検査を行い、個人にあった適切な点眼指導、緑内障の教育入院を行っております。

7.網膜機能解析装置 (VERIS)

測定方法

視力をつかさどる黄斑部の機能を電極にあてて感度を測定します。

対象となる疾患

●黄斑部を他覚的に検査したい臨床疾患
 糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜、加齢黄斑変性、黄斑変性、
 原因不明の視機能障害、網膜色素性変性症、中心性網脈絡膜症、黄斑浮腫
●確定診断が可能な疾患
 OMD(Occult Macular Dystrophy)、AZOOR、急性特発性盲点拡大症候群

検査結果図

正常な場合   異常な場合
正常な場合   異常な場合
(網膜中心静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫により黄斑部の感度が低下しているのがわかります)

8.メニコンCAT2000グレア視力測定器 1台

メニコンCAT2000グレア視力測定器 白内障のように水晶体に混濁があると光の散乱が起こり、夜間に車を運転している時など視力が悪くなることがあります。 このため、通常の視力検査に加え、夜間条件下での視力測定もする必要があります。
この機械はコントラスト(明るさ)を変えて視力測定が可能です。
 通常の視力検査の結果ではそれほど大きな視力低下を示していなくても、グレア視力検査の結果が悪い場合は白内障手術の対象となります。
 右の図が結果です。点線が正常値、実線が患者さんの測定値です。測定結果が正常値より左側に見られるため正常値より低いことを示しています。 手術の対象となります。

9.ハンフリー視野(静的視野) 2台

脳梗塞の方のハンフリー視野検査結果です。(左同名半盲)

左眼   右眼
ハンフリー視野検査結果 左眼   ハンフリー視野検査結果 右眼

10.ゴールドマン視野(動的視野) 1台

脳梗塞の方のゴールドマン視野検査結果です。(左同名半盲)

左眼   右眼
ゴールドマン視野検査結果 左眼   ゴールドマン視野検査結果 右眼

11.超音波画像診断装置 1台

 白内障術前に用い、眼の長さを測定し、眼内レンズの度数を決定します。
 また、眼底出血などで眼底が詳しく診察できない場合、超音波で眼底の様子を調べることができます。

12.YAGレーザー 1台

 白内障術後の後発白内障を治療するレーザーです。

13.スペキュラー 1台

 角膜内皮の数を測定します。

14.ヘス(眼位検査) 1台

 眼の位置、複視の状態を評価します。 

15.IOLマスター(ZEISS) 1台

16.細隙灯顕微鏡 5台

17.レーザーフレアー 1台

 眼の炎症を評価します。

18.眼底カメラ(KOWA) 2台

・蛍光眼底撮影(FAG)
  主に網膜の血管を撮影します。
・インドシアニングリーン撮影(ICG)
  主に脈絡膜の血管を撮影します。

19.大型弱視鏡(斜視弱視精査機器) 1台

斜視の程度を定量します。

20.Wave Front Analyzer (TOPCON) 1台

Wave Front Analyzer波面収差を測定します。白内障の術前に行い、術後視力値の参考にしたり、多焦点眼内レンズの適応など判断します。右側のランドルト環が収差を完全矯正した場合の見え方を示しています。

21.LE-4000 皮膚電極ERG(TOMEY)

光刺激を与え、網膜の電位変化を記録します。
皮膚電極による検査が可能になり、従来のコンタクトレンズ電極に比べ、検査時の負担が軽減されました。

手術機器

手術機器1.NIDEK CV-24000:1台
2.ALCON constellation vision system:2台
3.眼内・涙道内視鏡:1台
4.手術顕微鏡 OPML Lumera700、Visu210、Visu200 計3台