附属 南東北眼科クリニック

関連施設

 緑内障

緑内障は何らかの原因で眼球内に流れている房水の流れが妨げられ、眼圧が上昇し視神経が障害されることで発症のリスクが高くなると言われています。
周辺の視野から徐々に障害されていくので自覚症状は初期の段階ではほとんどありません。視力検査、眼圧検査、視野検査、隅角検査、OCTなどの画像検査が必要です。
定期的に眼底検査をし、早期発見をすることが大切です。
はじめに薬で眼圧をコントロールし、薬でコントロールが不自由な場合にレーザー治療、下記の手術治療となります。


虹彩切除術・線維柱体切除術(トラべクレクトミー)


<<欠点>>
術後の眼圧の変動に個人差が大きく、術後低眼圧になることが多く、入院期間も長くなります。



緑内障フィルトレーションデバイス(アルコンエクスプレス)




トラベクトーム


【さまざまな目の病気について】