附属 南東北眼科クリニック

関連施設

 糖尿病網膜症

糖尿病の3大合併症のひとつです。
糖尿病による高血圧が原因で、網膜の血管が損なわれる病気です。
視覚障害の原因の第二位となっています。
発症の予防や進行の抑制には、何よりもまず血糖コントロールが大切です。



症状

初期は無症状です。
進行すると、はっきり見えない「視力低下」、ものがゆがんで見える「変視症」、黒いごみのようなものが見える「飛蚊症」などの症状をきたします。




検査

<<眼底検査・蛍光造影検査>>
散瞳薬を点眼して瞳孔を広げて行いますが、痛みはありません。瞳孔に光を入れて、眼底を観察します。

 

<<超音波検査>>
硝子体出血が起こって眼底検査が難しい場合、網膜剥離の有無を確認します。




治療

血糖コントロールをしましょう。
高血糖による血流循環を改善するため、血管を拡げる作用のある網膜循環改善薬を用います。
網膜の虚血部分に新生血管が伸びてくるのを防ぐためにレーザーを照射します。




硝子体手術

眼球内に照明用の光ファイバーや硝子体吸引器具を差し込み、顕微鏡をみながら網膜に直接メスを入れる手術です。
硝子体内の出血している部分や増殖膜を切除・吸引したり、出血部分を電気で凝固したり、網膜裂孔の周りをレーザーで固定したりします。


【さまざまな目の病気について】