附属 南東北眼科クリニック

関連施設

 病的近視

強度近視の多くは、眼球が前後に伸びることが原因です。
眼球が前後に伸びることにより、網膜や脈絡膜が引き伸ばされ、負荷が大きくなります。この負荷により、眼底にさまざまな異常が生じた強度近視を特に病的近視と呼びます。




症状

眼の中でピカピカ光って見える「光視症」、黒い点やゴミのようなものが見える「飛蚊症」、ものがゆがんで見える「変視症」、はっきり見えない「視力低下」などがあげられます。




病態

眼球が長く伸びると、内側の網膜も伸びて、薄くなります。この状態が長く続くと出血が起こったり、網膜が剥がれたりします。

<<後部ぶどう腫>>
眼球後部の一部が伸びて拡張します。

<<脈絡膜新生血管>>
脈絡膜から異常血管(新生血管)が生じます。

<<網脈絡膜萎縮>>
脈絡膜が薄くなり、脈絡膜、網膜が萎縮します。

<<近視性牽引性黄斑症>>
黄斑がはがれ、視力が低下します。中心窩にあながあいて、網膜剥離が発生することもあります。
近視性脈絡膜新生血管に対しては、薬剤による抗血管新生薬療法治療を行います。

体の中には、脈絡膜新生血管の成長を活発化させるVEGF(血管内皮増殖因子)という物質があります。抗血管新生薬療法は、このⅤEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注射することにより新生血管の増殖や成長を抑制する治療法です。




眼底写真・OCT(光干渉断層計)

 


【さまざまな目の病気について】