広報誌 南東北

 

白髪・抜け毛の悩み

ミネラル豊富な食生活で頭皮の血流アップ 生活習慣見直しで老化を遅延

 白髪や抜け毛など髪の毛の悩みは齢を重ねるとともに増えてきます。 ある美容品メーカーの調査によると、女性の3割近くが「白髪や抜け毛」に老化を感じると回答しています。 また40代の女性では9割近くが、そうした老化を感じていると回答しています。
 現在のところ髪の毛の全体が白くなっている白髪には、染めるしか直接的な対処方法はありません。 しかし白髪でも髪の途中から白くなっている場合は、まだ改善の余地があります。 これは髪色に影響のあるメラニンの分泌が弱いことが原因と考えられるからです。 海藻類などミネラルを豊富に含んだ食事を心がけると頭皮の血行が良くなり、メラニンの分泌を促すことができます。 亜鉛やカルシウム、ビタミンA、葉酸などが不足すると抜け毛の原因にもなるのでバランスの取れた食生活が大切。 生活習慣や食習慣など毎日の生活を見直すことでこうした老化現象を遅らせることは十分可能なのです。
 秋は抜け毛の多い季節と言われます。自然に抜け落ちる髪の毛は1日100本前後ですが、秋にはその2倍近くになるとか。 紫外線の影響はもちろん、夏に溜まった疲労で体力も低下、ストレスなどが重なって髪が抜けやすくなることが「抜け毛の季節」といわれるゆえんです。
 抜け毛の理由は数多くありますが、最近注目されているのが、女性男性型脱毛症(FAGA)です。 男性型脱毛症(AGA)は、中高年の男性に多く、額の生え際や頭の頭頂部の髪の毛が薄くなっていくのが特徴です。 女性男性型脱毛症は、男性型脱毛症の女性版とも言えるもので、進行性のため対策を取らないでいると抜け毛は酷くなる一方となります。 女性男性型脱毛症は、病院・医院での治療が効果的です。 抜け毛に悩む女性の方は諦めずに、一度皮膚科の医師に相談してみてはいかがでしょう。


トップページへ戻る