広報誌 南東北

 

禁煙補助薬

禁煙助けるバレニクリン イライラ緩和する貼付剤

 受動喫煙防止の観点から近年、喫煙できる場所が限られてきていますが、禁煙できずに悩んでいる方も多いようです。2つの禁煙補助薬をご紹介します。
 バレニクリン=たばこを吸うと脳にあるニコチン受容体にニコチンが結合し、快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。 この薬は、この受容体に働きかけニコチンが切れた時のイライラなどを軽くします。 禁煙中に一服してしまった時の満足感を感じにくくすることで禁煙を助ける薬です。 禁煙開始1週間前から服用、8日目から禁煙します。 自然にたばこを吸わなくなった場合は、8日目を待たず禁煙してください。 薬の量は段階的に増加、合計で12週間服用します。 吐き気などを起こしやすいため必ず食後にコップ1杯程度の水かぬるま湯で服用してください。
 ニコチン含有貼付剤=ニコチン置換療法は、禁煙開始時に現れる辛いニコチン離脱症状(タバコが吸いたい、イライラなど)に対し、 ニコチンを喫煙以外の方法で体内に補給して症状を軽減し禁煙に導く方法です。 この貼付剤は皮膚に貼り体内にニコチンを吸収させます。 段階的に薬の量を減らし、合計で8週間使用。 使用中に喫煙すると体内に過量のニコチンが取り込まれる可能性があり、頭痛やめまい、吐き気などが現れることがあります。 同様の薬として薬局で買えるニコチンガムやニコチンパッチなどもあります。 禁煙したいけど、なかなか止められず困っている方は、気軽にかかりつけの医師や病院などに相談してみてください。

(参考:ファイザー、ノバルティスファーマHP 薬剤科 石井啓貴)

トップページへ戻る