「風邪にはビタミンCが効く」 これってホント?
                             これってホント?
〜サプリメントの落とし穴〜
不健康な習慣?
 風邪をひくと必ず「風邪にはビタミンCだから」と、みかんを持ってきてくれる人や、「薬と一緒にビタミンCのサプリメントを飲むと治りが早い」と風邪薬とビタミンCの錠剤をセットで飲む人も増えています。
 ビタミンCは、「ビタミン博士」として有名なライナス・ボーリング博士が「風邪をひいたと思ったら、ビタミンCの錠剤(500mg)をすぐ飲む。さらに2時間おきに飲めば風邪は治る。また、毎日グラム単位で摂取すれば、風邪にはかからない」と発表したら、すぐに世界中の話題となりました。
 日本人は元来「風邪は万病の元」などと言って、風邪に対して非常に神経質。その風邪がビタミンCを飲めば治るし、日ごろから飲んでいれば予防にもなると言われてしまえば、もうビタミンCへの信頼度は急上昇。「風邪にはビタミンC」は定説になりました。
 しかし、実際にはビタミンCの錠剤を習慣的に飲んでいる人も風邪にかかります。「ビタミンCを飲んだら風邪が治った」という人(というか言い張る人)も多いのですが、詳しく調査すると「症状が軽くなった」とか「早く治った」ということでしょう。それもいわゆる「プラセボ効果」(下記参照)だと言われています。
 重要なのは「ビタミンC摂取」と「ビタミンCの錠剤摂取」は違うということ。みかんを食べることと、ビタミンCのサプリメントを飲むことでは、効果が違うのです。サプリメントのビタミンCは合成アスコルビン酸で、天然のビタミンCに比べると吸収率は5割近くもダウンします。
 そして私たちがみかんやレモンを食べるとき、その食品が持っている他の栄養素も摂取しています。とくに野菜や果物に含まれるポリフェノール類には、免疫力をつける成分が豊富に含まれているのです。ビタミンCが豊富に含まれている食品を食べるのは確かに効果的ですが、てっとり早くビタミンCの錠剤だけ飲んで、同じ効果を期待しても、それはまったくもって無理というものです。つまりビタミンCのサプリメントだけ飲んでいても、風邪の予防にも治療にもならないのです。
 あくまでサプリメントは補助的なもの、天然ビタミンには及びません。
 風邪をひいたら、まず大切なのは休養と睡眠、そしてバランスの良い食事。なぜなら風邪は体力を消耗するので、たんぱく質をしっかり摂る必要があるから。そしてたんぱく質を代謝するビタミンとミネラルも重要。それらを踏まえたバランス良い食事を心がけることが重要です。
 また、水分も奪われがちなので、水分補給も欠かせません。果物&野菜を食べ、そこにビタミンCのサプリメントを補給しておけば、風邪対策は万全ですね。
風邪をひかないように
のど風邪をひいたら
ウイルス抑制効果がある緑茶(カテキン)でうがいをする
風邪症状が重いときや早く治したいときは
サプリメントのエキナセアを。エキナセアはアメリカ、カナダの先住民が風邪をはじめとする諸病に用いてきたキク科のハーブ。欧米では医薬品として認められ、風邪によく効く
熟睡して抵抗力をつけるためには
リラックス効果のあるカモミールティーを飲んで寝る
風邪をひきやすい体質なら
クロレラ、スピルリナ、ニンニクエキス、マルチビタミンなどのサプリメントを普段から補給
栄養バランスと水分補給には
肉・魚・豆腐などのたんぱく質が豊富で汁も飲める鍋物が
一石二鳥
発汗があるときは電解質入りのスポーツドリンクがよいですね
 
【プラセボ効果】
 薬や栄養成分の効果を客観的に調べるとき、試験薬・試験成分と外見が全く同じプラセボ(偽薬・偽成分の意味で、内容はただのデンプン)を用意し、被験者にはプラセボであることを隠して飲んでもらいます。偽薬にもかかわらず、被験者は本物と思いこむだけで効果が出ることがあり、それをプラセボ効果といいます。
 
トップページへ