@健康情報・アラカルト

健康情報アラカルトに戻る

 

湯たんぽでほっこり生活

冬の暖房器具として人気急上昇している湯たんぽ。なぜ今、湯たんぽなのでしょうか?

湯たんぽは、いつから使われているの?

歴史は古く、中国では唐こ時代から使用されています。
日本に伝わったのは、室町時代に入った頃といわれて、明治時代以降からさまざまな材質で作られるようになりました。

湯たんぽの5つの利点
冷え性解消!!

湯たんぽは小さくて軽いので、パーソナルな使用が可能です。例えば、手足の末端を温めたい、お腹や腰を温めたいなど、局所的な使用にも適しています。
 
朝まで熟睡!!

湯たんぽは熱すぎず、夜から朝にかけて除々に温度を下げていくので、自然に体を温めてくれます。また、血行を良くしてぐっすりと心地よい睡眠を約束してくれます。
 
腰痛・肩こりに効果!!

腰痛・肩こりの大きな要因は、血液のめぐりの悪さといわれています。湯たんぽは、痛みの部位を温めることで体を芯から温め、血液のめぐりも活発にしてくれます。
 
快適な空気を持続!!

湯たんぽか空気を乾燥させないので、のどにも優しく風邪の予防にもなります。また、お肌の乾燥も防ぐことができるので、美肌効果も期待できるかもしれません。
 
小さなお子さんにも安心!!

安全な暖房器具が必要なこおさなお子さんがいる家庭にはぴったりです。湯たんぽは火を使う、直接触れてヤケドする、という危険がないので安心して使用することができます。
湯たんぽ使用の注意点

湯たんぽを快適に使用するには、「低温ヤケド」に注意する必要があります。

低温ヤケドとは、体温より少し温かい温度が同じ部位に長時間接触しているときに起こるヤケドのことです。

低温ヤケドを防止するための4カ条
  1. @布団が温まったら、布団から出して使用する
  2. A湯たんぽの低温ヤケド対策用品を使用する
  3. B一定時間ごとに湯たんぽの位置を変える
  4. C厚手のタオルや、湯たんぽカバーで包んで使用する

現在、世界中で省エネ・エコの取組みが盛んに行われています。
個人でできる簡単な省エネ・エコとして、湯たんぽ生活を始めてみるのもいいかもしれませんね。





がん治療PET検査専門外来のご案内人間ドック
理事長が答える 病気のよろず相談
お見舞いメール
病院コラム