×

乳腺科

  1. HOME
  2. 医療関係者の皆様
  3. 部署紹介
  4. 乳腺科

乳腺外科では、乳房の様々な症状(しこり、痛み、分泌物など)に対して診断、治療を行っています。乳房のしこりに気づいたら、これって乳がんかなと一人で悩まないでまずは乳腺外科にご相談ください。当院では多くの乳がん患者さんの診療を行っております。乳がんは日本女性の11~12人に1人が罹患すると言われており、女性がかかる癌の第1位です。自分でみつけられる唯一のがんで、乳がん患者さんの約半数が自分でしこりに気付いて受診します。

臨床研究に関する情報公開

平成29年 乳腺疾患手術件数 68例
乳がん(初発) 67例
平成28年 乳腺疾患手術件数 46例
乳がん(初発) 46例
平成27年 乳腺疾患手術件数 46例
乳がん(初発) 44例
平成26年 乳腺疾患手術件数 49例
乳がん(初発) 47例
平成25年 乳腺疾患手術件数 26例
乳がん(初発) 23例

臨床研究に関する情報公開

総合南東北病院では、当院倫理委員会の承認を得て下記の臨床研究を実施します。

研究責任者 阿左見 亜矢佳
研究期間 2012年7月 ~ 2018年6月
研究内容 乳癌の術前診断でリンパ節転移陰性と判断された症例に対してはセンチネルリンパ節生検を施行し、リンパ節転移陰性なら腋窩郭清を省略する治療が標準となっています。超音波検査、CT、FDG-PET検査を組み合わせることにより術前の腋窩リンパ節転移診断の精度を高められたかを振り返って検討します。特に当院ではPET検査を積極的に行っており、術前診断にどのように役立てるかを検討します。
個人情報の保護 個人情報はすべて厳重に保護され、研究成果の発表では個人が特定されることはありません。