×

院内がん登録について

  1. HOME
  2. 医療関係者の皆様
  3. 院内がん登録について

院内がん登録とは

総合南東北病院は、平成20年2月に厚生労働省より、「地域がん診療連携拠点病院」として指定をうけました。このことから、院内がん登録への取り組みを行っています。

院内がん登録とは、国が定める「がん対策基本法」に基づき行われている事業です。 当該施設でがんと診断・治療されたすべての患者さんについて、がんの情報(部位・組織型・治療内容など)・予後情報を収集し登録する仕組みです。 当院では2007年(平成19年)症例から「院内がん登録標準登録様式」に則って診療情報管理士が登録を行っています。収集された情報は、各診療科への提供、国立がん研究センターでの全国集計、福島県悪性新生物(がん)登録事業(地域がん登録)などへ提供することで、当院や福島県・国でのがん診療の実態の把握・がん診療の質の向上、がん患者さんへの支援などに役立てることができます。

また、登録情報をもとに予後調査(生存確認調査)を実施し、生存率の把握をすることもできます。予後調査について、院内で情報把握ができない場合は国が定める機関または当院にて住民票照会による生存確認調査を実施します。登録データに関わる個人情報の取扱いについては、当院の個人情報保護規程に基づき情報漏洩のないよう最大限の注意を払っております。

この事業での個人情報利用について、患者さんのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

参考データ

院内がん登録数推移

2018年 院内がん登録(部位別)件数

院内がん登録 上位10部位 年度別グラフ