外来受診される方

患者さん・市民の方へ

 高額療養費制度について

高額療養費制度とはこんな制度です。

医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その越えた金額を支給する制度です。
※入院時の食事負担や差額ベッド代等は含みません。

負担の上限額は、年齢や所得によって異なります。①

最終的に自己負担額となる毎月の「負担の上限額」は加入者が70歳以上かどうかや、加入者の所得水準によって分けられます。
70歳以上の方には、外来だけの上限額も設けられています。

負担の上限額は、年齢や所得によって異なります。②

最終的な負担額となる毎月の「負担の上限額」は加入者が70歳以上かどうかや、加入者の所得水準によって分けられます。

入院される方は用意する費用が少なく済みます。※平成24年4月から、外来診療についても同様の取り組みがはじまりました。

入院される方については、加入する医療保険から事前に「取得区分」の認定証を発行してもらうことにより、医療機関の窓口での支払いの負担の上限までにとどめることもできます。
このため、一度に用意する費用が少なくて済みます。
※高額療養費が医療機関や薬局に直接支払われるため、加入する医療保険に対して、事後に高額療養費の支給申請をする手間が省けます。

※70歳以上の方は、所得区分の認定証がなくても、自動的に窓口での支払が負担の上限額までにとどめられます(低所得者の適用を受けるためには認定証が必要です。)
この情報は、厚生労働省ホームページより引用したものです。法令の改正などにより制度が変更となる場合がありますので、
詳細については下記にお問い合わせください。
■高額療養費制度について
当院医事課または医療相談課
■認定証の交付申請や高額療養費に支給申請など、具体的な手続きについて
ご加入の健康保険組合、協会けんぽ、市町村(国民健康保険・後期高齢者医療制度)など