専門外来のご案内

患者さん・市民の方へ

 美容形成外科のご案内

医療レーザー治療のご紹介 ~ロングパルスアレキサンドライトレーザーを用いて~

 南東北医療クリニックの形成外科では、ロングパルスアレキサンドライトレーザーを導入し、レーザー脱毛や、レーザーフェイシャル(皮膚の若返り治療)を行っています。
  なお当院では、社団法人 日本形成外科学会の認定医である北原正樹医師をはじめとする医師が医学的な根拠に基づいて治療にあたっています。また、女性医師もおりますので気軽に相談でき安心です。

レーザー脱毛

レーザー脱毛当院で導入している装置は、
(1) 痛みがほとんどなく、麻酔は必要なし!
(2) 治療はごく短時間で終了→両ワキはわずか5分!
(3) 治療前・後のケアがとても簡単→剃毛した状態で治療が可能!
という手軽で安全性の高い装置です。
むだ毛の処理に悩んでいる、むだ毛のないきれいな素肌を手に入れたい、手間なく簡単に脱毛したい、脱毛したいけど痛いのはちょっと嫌、という方にぴったりの脱毛ですので、この機会にぜひ当院の脱毛治療をお試しください。

医療レーザー脱毛の仕組み
毛は多くのメラニンを含んでおり、そのメラニンにのみ吸収されやすい特性を持つレーザーを皮膚に照射することにより、メラニンだけが選択的に破壊されます。メラニンの破壊は毛全体に影響を及ぼし、結果として、毛の再生を遅らせたり、生えにくくします。
医療レーザー脱毛の仕組み

アレキサンドライトレーザーの特長
1.メラニンへの吸収度が優れている
2.皮膚深くまでレーザー光が届く

安全性
医療用として開発された装置ですので、安全面には十分な工夫がされています。
表皮を守るために、冷却ガスが出た後にレーザー照射するので、痛みも緩和され安全です。

電気針脱毛と医療レーザー脱毛との比較

項目 針脱毛 レーザー脱毛
治療時間 時間がかかる 短時間で済む
治療期間 長期に及ぶ 半年~1年
確実性 熟練者であれば、かなり確実に脱毛可 経験者であればほぼ均一な効果
痛み かなり痛みを伴う 痛みはマイルド
副作用 毛嚢炎、やけどなど ほとんどない

メリット・デメリット

メリット デメリット
1回の治療時間が短い。 1回のレーザー照射では終了しない。
4―6回は繰り返し治療が必要。
時間がかからないのでいつでも好きな時間に治療が受けられる。 治療中はもちろん、治療前・治療後最低1ヶ月間は日焼けNG!
毛を伸ばした状態で来院しなくてもOK。 もともと色の薄い毛、うぶ毛には反応が弱い。
痛みはチクッとする程度がほとんど。 毛が濃く、太い部分(ヒゲやビキニライン)では反応が強く、かなり痛い。

医療レーザー脱毛の手順
1.十分なカウンセリングを行います。
2.照射部位を剃毛します。
3.レーザーを照射します。
4.照射後は冷たいタオルや保冷剤で数分間冷却します(必要に応じて)。
5.抗炎症作用の軟膏を塗ります(必要に応じて)。
6.約1ヶ月半~2ヶ月間隔で治療を繰り返します。

レーザー脱毛治療後のケア
1.治療当日、浴槽での入浴は避け、シャワーのみとすることとし、照射部位はこすったりしない。
2.治療後数日間かゆみが残る場合がありますが、絶対に引っ掻いたりしない。
3.レーザー脱毛の治療中・治療後は紫外線の影響を受けやすいため絶対に日焼けをしないこと。日中、外出する際は日焼け止めクリームを使ったり、長袖・パンツを着用するなどして十分な遮光を行う。
4.毛抜きを使った自己処理をしない。

医療レーザー脱毛(まとめ)
1.針脱毛に比べ、治療時間が短く済み、また痛みも少ない。
2.衛生的である(針を使用しないため)。
3.メラニンだけに反応するので、火傷やキズの心配がない。
4.日焼けには十分注意が必要。
5.最低4~6回は治療を繰り返す必要がある。

料金(1回・両側の基本料金です)

女性

部位 料金(税別)
腋窩(わき) 5,000
ビキニライン 10,000
ひざ下 20,000
ひざ上 40,000
前腕 20,000
上腕 30,000
体幹(片面) 50,000
体幹(両面) 70,000
手背(指含) 10,000

男性

部位 料金(税別)
ひげ 10,000

レーザーフェイシャル

冷却装置の付いた低出力のロングパルスアレキサンドライトレーザーを顔全体に照射することで、くすみや毛穴の開き、小じわの改善が期待できます。それによって皮膚のキメが細かくなり、ハリのあるお肌に生まれ変わります。1~1.5ヶ月間隔で4、5回照射すると非常に効果も高くなります。

料金(1回の基本料金です)

部位 料金(税別)
15,000

ロングパルスアレキサンドライトレーザーによる治療は極めて安全で、効果に優れています。
ただし、個人によって効果が異なりますので、詳しくは窓口でお尋ね下さい。

お問い合わせ:南東北医療クリニック 024(934)5432(代)