病院ニュース&コラム

病院ニュース&コラム

 

夜間想定避難訓練を実施しました。

2014/12/09

 夜間を想定した避難訓練は、1128日(金)午後2時から総合南東北病院で行われ、職員約100人が参加しました。

 今回の避難訓練は、中央棟3階の7病棟リネン庫からの出火を想定。ICU患者役や院内救援職員などに役割分担し、職員の少ない夜間の火災発生に備えました。

火災報知機が作動すると職員は非常放送に従い現場へ急行。防火扉を閉め、炎の拡散を防いでから、直上階のICU患者役の職員を南棟へ避難させました。参加した職員は、万一の際も落ち着いて患者さんを安全に避難させることができるように、連携を確認し合いながら真剣な表情で訓練に取り組んでいました。その後、消火器・消火栓の取り扱い訓練も行われ、職員はこの機会に消火器の取り扱い方法や放水の手順を再確認しました。
 また、翌日には南東北がん陽子線治療センターでも避難訓練が実施されました。患者さんも参加し、充実した訓練となりました。