病院ニュース&コラム

病院ニュース&コラム

 

医学健康講座「PET検査を使った『がんドック』とその上手な利用法」を開催しました

2015/06/02

総合南東北病院の医学健康講座「PET検査を使った『がんドック』とその上手な利用法」は、522日(金)午後2時から同病院北棟1NABEホールで約70人の市民が参加して開かれました。

講師を務めた南東北医療クリニックPETセンター長 鷺野谷利幸医師(放射線科)は実際の検査画像やイラストなどを示しながらPET(ポジトロン放出断層撮影)検査の仕組みや特長をわかりやすく説明。そのうえで国の調査による福島県のがん死亡率が男女あわせた数字で47都道府県中28位とあまり芳しくない状況を示し「がんは初期の段階でみつかれば治すことが可能な病気になっている。体に不調があればすみやかに医療機関を受診することが肝要だが、予防も大事。公的な検診とともにPETがんドックを上手に活用してがんの早期発見に努めて欲しい」と訴えました。

 この講座の模様をコンパクトにまとめた番組「ラジオ医学健康講座」が66日(土)の正午から、ふくしまFMで放送されますのでぜひお聴きください。


 6月の医学健康講座は12日(金)午後2時から。総合南東北病院 総合医療センター所長 樋口健弥医師(総合診療科)が「体にいい油・悪い油 ‐油はすべて悪いのか?‐」と題して講演します。入場無料、申込不要ですのでお気軽にご参加ください。



医学健康講座年間スケジュールはこちら
医学健康講座日程http://www.minamitohoku.or.jp/info_event/healthkoza.html