病院ニュース&コラム

病院ニュース&コラム

 

南東北グループ新年会を開催しました

2016/02/01

新年会

 南東北グループの平成28年合同新年会は1月14日(木)午後6時半から郡山市虎丸町のホテルハマツで、県内をはじめ首都圏、宮城・青森などグループ各施設に勤務する職員や、来賓、財団・社福法人役員、オープンシステム登録医など1200人が出席し、華やかに開催されました。
 吉本高志(一財)脳神経疾患研究所最高顧問の開会挨拶に続き、渡邉一夫理事長・総長が「今年は我々にとって挑戦の年になる。南東北BNCT研究センターをはじめとした新たなプロジェクトにグループ一丸となって取り組んでいくことが必要」と、結束を呼びかけました。続いて来賓の増子輝彦参議院議員、根本匠衆議院議員、山口和之参議院議員、品川萬里郡山市長、小林香福島市長らがお祝いの言葉を述べ、丹治一郎郡山商工会議所会頭の音頭で乾杯しました。
 出席者はあちこちで新年のあいさつをし、杯を酌み交わしながら今年1年の活躍を誓い合っていました。余興として、南東北春日リハビリテーション病院の職員がよさこい演舞を披露し、大盛り上がりを見せました。最後に寺西寧総合南東北病院長の中締めで一本締めを行って会はお開きとなりました。