病院ニュース&コラム

病院ニュース&コラム

 

第1回裏磐梯イリザロフ法セミナーを開催しました

2016/08/17

イリザロフ法セミナー

 福島県立医科大学外傷学講座と総合南東北病院が主催の第1回裏磐梯イリザロフ法セミナーは8月6日(土)、7日(日)の両日、同病院と裏磐梯のホテルで開催され、日本各地から整形外科や外傷専門の医師ら70名が参加しました。
 イリザロフ法とはロシアのイリザロフ医師が開発した骨延長術で、骨折が治るときの再生力を利用した治療方法です。伸ばしたい部位の骨を人工的に骨折させ、リング型の創外固定器を用いて体の外から固定します。骨折だけでなく、変形した骨の矯正や低身長症などの治療にも威力を発揮します。
 1日目は同病院NABEホールで特別講師による新鮮外傷例などの講演や様々な器具を利用した体験学習を行いました。その後裏磐梯へ移動した参加者は、福島県の自然を満喫しながら、ディスカッションを行いました。2日目は主に難治症例の講演と実践学習を行い、充実したセミナーとなりました。