病院ニュース&コラム

病院ニュース&コラム

 

2019年の手術室開きを行い無事故を祈願しました

2019/01/04

手術室開きで今年1年の無事故を誓う関係者

総合南東北病院の2019年の手術室開きは仕事始めの1月4日㈮午前9時から本院手術室前のホールで行われ、今年1年の無事故と安全を祈願しました。

渡邉一夫理事長や寺西寧院長、渡辺善一郎副院長、髙野祥直副院長、管桂一麻酔科顧問をはじめ医師、看護師、手術室スタッフ、事務部役職員ら約40人が出席しました。

渡邉理事長が「今年も手術件数8500件を目指して頑張りましょう。よろしくお願いします」とあいさつ。寺西院長も「手術室は病院の心臓部。今年も患者さんのために全力を尽くしましょう」と、スタッフを激励しました。

渡邉理事長、寺西院長に続いて窪睦子看護部長、渡邉文博常務理事らが祭壇に玉串をささげ無事故を願いました。髙野副院長の発声で杯を掲げた後、全員で記念写真を撮りました。