病院ニュース&コラム

病院ニュース&コラム

 

記念講演会のお知らせ

2019/02/01

 福島県と福島県高次脳機能障がい支援室は、2月24日(日)午後1時30分から 総合南東北病院北棟1階のNABEホールで、同支援室開設10周年記念講演会を開きます。

 講師は高次脳機能障害者の家族会を立ち上げたイラストレーターの柴本礼さん(東京都世田谷区在住)です。演題は「共に助け合う世の中へ~夫コウジさんとの関わりを通して~」。

 柴本さんの夫は2004年、くも膜下出血を起こし手術後、高次脳機能障害者となりました。夫のリハビリ・社会復帰を支えた柴本さんは2010年、夫との生活を描いた「日々コウジ中」を主婦の友社より出版。翌年には続編も刊行しました。

 高次脳機能障害は、脳梗塞や くも膜下出血といった脳血管障害、脳炎や交通事故などで脳を損傷したことで起こる注意力散漫、記憶・思考力低下などの機能障害を言い、日常生活への適応が難しくなる場合があります。今回の講演会では、当事者や家族がどんな困難に直面しているのか、周囲の人たちはどんな支援ができるのかをみんなで一緒に考えます。

 入場は無料で、どなたでも参加できます。参加ご希望の方は、2月9日(土)までに、申込用紙(下部添付)に名前、年齢、住所、電話番号などを明記のうえ、福島県高次脳機能障がい支援室(総合南東北病院内)にファックス(024-934-5323)でお申込みください。問い合わせは同支援室 電話024-934-5680(担当:野本、安部)へ。