外来予約専用番号
0120-14-5420
×
ニュース詳細
  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 新成人の職員に渡邉理事長から色紙が贈られました

新成人の職員に渡邉理事長から色紙が贈られました

今年、成人となった当財団(脳神経疾患研究所)の職員に1月18日㈪、渡邉一夫理事長

から励ましの言葉を書いた色紙が贈られました。


新春恒例の行事で、今年は総合南東北病院・南東北医療クリニック所属の3人が対象

となりました。

贈呈式は北棟NABEホールで行われた朝礼の席上行われました。

色紙に書かれた今年の言葉は「平常心」。

収束の見えないコロナ禍にあっても平常心を保ち、職務に励んでほしいとの思いが

込められています。


渡邉理事長が見守る中、寺西寧院長が「こうした時期だからこそ平常心が大事です」と

述べ、色紙を手渡しました。代表で挨拶を述べた新成人職員は「これからは、大人とし

て責任と自覚を持って行動していきたい」と決意を披露しました。


南東北グループの今年の新成人は他に南東北福祉事業団9人、将道会1人が対象で、

全体では13人に色紙が贈られました。