総合南東北病院

外来予約専用番号
ピンアクセスマップ

スポーツ外来

  1. ホーム
  2. 診療科・専門外来
  3. 専門外来日程一覧表
  4. スポーツ外来

診療のご案内

午前
午後
※2
※2
※4

時間はお電話でご確認ください
問い合わせ:0120-14-5420
※2「スポーツ外来」担当:月曜日・木曜日午後 加賀孝弘、第3木曜日午後大歳 憲一教授
※4 15:00~17:00 担:当沼崎 広法

ニュース

    現在、お知らせはありません。

スポーツ医学センターとは

スポーツは、体力や運動能力の向上や健康維持に有用なだけではなく、精神力や思考力、コミュニケーション能力などの心理面の成長にも大きく役立ちます。

一方で、運動やスポーツを続けていると必ず悩まされるのがケガや故障による体の痛みです。一度ケガや故障をしてしまうと、スポーツが思うようにできないだけではなく、時に日常生活にも影響し、身体的にも精神的にも大きなストレスがかかります。特に成長期の子供は、骨や軟骨が柔らかいため、大人と比べると容易にケガや故障をおこしやすく、注意が必要です。

スポーツによるケガや故障は、1回の大きな力が加わって発生するスポーツ外傷と、同じ動作の繰り返しにより身体の一部にストレスがかかり発生するスポーツ障害に分けられます。代表的なスポーツ外傷としては骨折や脱臼、捻挫、筋肉や腱の断裂などが、スポーツ外傷としては、野球肘や水泳肩、ランナー膝、テニス肘などが挙げられます。

スポーツ外傷や障害からの復帰に関して大切なことは、正確な診断、発生原因の分析、そして、復帰に向けた適切なリハビリテーションです。診断があいまいで、痛みが取れるまでただ漫然と安静にするだけでは、なかなか復帰ができず、また同じケガをくり返すことになります。

痛みの原因となる疾患を特定し、なぜその痛みが発生したかを分析し、治療と並行してその原因に対するアプローチを行うことで、再発が予防でき、早期の競技復帰も可能になります。

スポーツ外傷や故障は日常生活には不自由がないことが多く、比較的軽視されがちです。しかし、実際にスポーツに関わっている選手にとっては死活問題とも言え、なかには将来後遺症を残すような障害も隠れていることがあります。

私たちの施設では、選手の早期スポーツ復帰と再発防止を目標として、診断からリハビリテーションまで一貫した治療を行っています。特に、ケガや故障でスポーツを長期間離脱している選手や、再発をくり返している選手がいる場合は、当施設へ御相談ください。

ドクター紹介

駐車場のご案内

駐車場
  • こちらでは推奨する駐車場をご紹介しています。午前中など混雑時は、誘導係よりご案内する場合がございます。
  • 駐車場が多数ございます。各駐車場番号の標識を目印にご利用ください。
  • 当院では、駐車場内での事故・盗難などのあらゆるトラブルには一切責任を負いかねますのでご了承ください。
広告掲載について