専門外来のご案内

患者さん・市民の方へ

 小児科(小児神経)のご案内

 この外来では主に子どものてんかん、運動・知的な発達の問題、神経、筋肉の病気などを診療しています。
  てんかんは反復性発作性の脳の病気ですが、一般にイメージされる発作以外にも短時間意識がなくなる、無意識に行動をとるなど多彩な症状があり、時として病気として認識されずに学校などでいじめの原因になることもあります。
 脳波検査、血液検査、頭部画像検査などを行い、診断、治療をしていきます。原因の病気、病態にもよりますが、適切な治療があれば、発作なく通常の生活が可能です。
 運動・知的な発達の問題については知能検査を行い、学校などの教育機関、リハビリテーションなど療育機関との協力が必要であり、このような問題は一朝一夕では改善しませんが、継続して相談に当たっています。
  そのほか、たくさんの神経・筋肉の病気があります。お子様の気になる症状についてお気軽にご相談ください。

診察日

診察担当医表をご覧ください

担当

総合南東北病院 小児科(小児神経) 山口 勝之 
自冶医科大学 講師 森 雅人