×

リハビリテーション科

  1. HOME
  2. 医療関係者の皆様
  3. 部署紹介
  4. リハビリテーション科

私たちの使命

リハビリテーションとは直接的に怪我や病気を治すことが主体ではなく、それによって生じる「障害(身体に限らず)」をいかに取り除き、患者さんやご家族が希望される生活を送るために援助していくことが使命であると考えております。 当院は急性期機能の病院であり、主に救命救急治療を終えた方、手術をされた方などに、合併症予防を目的として超早期から介入し、身体機能の回復・精神機能面の賦活を図り、より早期からの生活機能障害の改善が図れるよう努めております。 リハビリテーションは脳卒中後の障害を持つ方だけでなく、脳神経外科・神経内科・整形外科・外科・循環器科を中心に、耳鼻科・小児科・呼吸器科・内科・泌尿器科・形成外科等すべての診療科に携わっています。医師や看護師らとカンファレンス、回診等で綿密な話し合いを行いながら治療と並行してリハビリテーションをすすめることで、患者さんやご家族の“その人らしく生きる”ということを支えるのが、我々の仕事であると考えております。

組織図

委員会

  • クリニカルパス
  • MRM
  • 患者サービス
  • ISO
  • 防火防犯
  • 環境対策
  • クリニック待ち時間対策
  • 教育研修
  • 緩和ケア
  • NST
  • 院内感染対策
  • 病院機能評価
  • 個人情報保護推進
  • クリニック運営

全体目標

診療科班の特性に応じた質の向上

働きやすい職場づくり

リハビリテーション科キャリアパス

スタッフ紹介

脳外科班

リスク管理を行いながら積極的な急性期リハビリテーションを提供しています。早期からの二次的合併症予防、早期離床を進めながら、ADL拡大にも力を入れています。ADL拡大には多職種との協働が重要である為、医師、看護師、社会福祉士、管理栄養士等と定期的にカンファレンスを行い多職種でのチームアプローチを展開しています。また、勉強会や学会発表を積極的に行い、より質の高いリハビリを提供し患者さんの人生が豊かなものになるよう努力しています。

対象疾患

  • 脳血管障害
  • 脳腫瘍
  • 頭部外傷等

本年度 目標

  • 個人の成長=脳外科班の成長
    主体的に自己研鑽する姿勢を持ち患者さんに貢献する
  • 働きやすい脳外科班
    それぞれが班内業務の役割を果たし働きやすい脳外科班にする
  • 絶対に家に帰す
    在宅復帰率を上げ地域包括ケアに貢献する

神経内科班

神経内科班は脳・脊髄・神経・筋に起因する疾患に対して、神経内科医の指示のもと運動機能障害や高次脳機能障害、治療状況に対応した自立支援やQOLの向上に努めています。当院には、県内各地から様々な神経筋疾患に罹患した患者さんが来院されるため、希少な疾患を経験することもできます。患者さんやその家族の要望を尊重しながら、身体状況はもちろん、環境や個性にも配慮したリハビリテーションを提供することを心掛け、医師・看護師・言語聴覚士・社会福祉士との連携も積極的に行っています。

対象疾患

  • 脳梗塞、多発性硬化症、視神経脊髄炎、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病関連疾患、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、重症筋無力症、脳炎など

本年度 目標

  • 神経内科疾患の知識を幅広く活用できる人材の育成

整形外科班

整形外科、外傷センターの診療科を担当している整形外科班です。理学療法士13名、作業療法士7名の計20名で臨床にあたっています。入院では膝や腰などの変性疾患の術後対応や、交通事故や転倒骨折による急性疾患に対し、術後早期よりリスク管理を行いながら生活再建を目指して支援しています。毎週回診を行う中で、医師、看護師、医療相談との情報交換や今後の生活状況などを確認しあいながら進めています。患者さんが笑顔で退院できるよう日々精進していきます。

対象疾患

  • 整形外科:頚椎症性脊髄症、変形性膝関節症、変形性股関節症、腰椎疾患(ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症)、腱板損傷
  • 外傷センター:大腿骨頸部骨折など四肢骨折、頸髄損傷、難治性骨折の骨延長

本年度 目標

  • 各々の得手不得手を補い、臨床に活かすチーム作り
  • 業務の見える化、効率化

外科班

当院は地域がん診療拠点病院の指定を受けています。私たちは診療科別の多職種カンファレンスに加え、緩和ケア、NST、化学療法委員会等の院内組織や骨転移カンファレンスのメンバーとしても活動し、多職種連携を密に図りながら、患者さんの生活機能とQOLの改善を目指し、迅速できめ細やかな支援に努めています。

対象疾患

  • 食道がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん等の周術期や化学療法・放射線療法中・後、骨転移、終末期、その他の外科周術期、呼吸器疾患など

本年度 目標

  • がんのリハビリといったら「南東北病院」と言われるようになる
  • 疾患別の評価や退院時指導内容について、資料の見直しと追加作成または訂正の実行
  • 低侵襲チームの研究に参加することで知見を得、また、学会参加・発表を通して対外的に当院外科班の取り組む
  • 休暇取得に関する班員の満足度向上
  • 班員が外科班の臨床において有益な知識や技術を学ぶ機会を得やすく、また、班内で共有しやすい環境がある

循環器班

心臓リハ班は循環器科と心臓血管外科の患者さんを担当しています。
心機能評価を日々行い、厳重なリスク管理をしながら、早期離床から病棟内ADL拡大、さらには自宅退院に向けての生活指導まで、幅広く援助を行っています。それには、多職種との連携が欠かせず、カンファランスを密に行いながらお互いに情報交換を行っています。「心」には臓器としての「心臓」と、精神としての「心」の意味があります。「しんぞう」を病んでいる人は「こころ」も病んでいます。その両方をケアしていくのが私達の任務だと思っています。

対象疾患

  • 心不全、虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、胸腹部大動脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症、心大血管術後、肺高血圧症、肺塞栓など

本年度 目標

  • 在宅生活を考慮した介入ができる
  • スタッフ個人の資質を高める

訪問班

経験豊富なリハスタッフが自宅に訪問し、利用者様それぞれの希望に沿ったリハビリを実施します。また、訪問看護ステーションからの訪問リハも行っており、総勢10名のスタッフで活動しています。

対象疾患

  • 脳血管障害後遺症、神経疾患、骨関節疾患、加齢に伴う体力・身体機能低下

本年度 目標

  • 結果を出し、信頼される訪問リハ

専門・認定理学療法士

神経系 専門理学療法士 蔵品利江
認定理学療法士 横田富士夫、大竹政充、篠原弥生
運動器 専門理学療法士 室井宏育
認定理学療法士 佐藤純也、折内英則、服部和彦、影山喜也
内部障害 専門理学療法士 舟見敬成
認定理学療法士 舟見敬成、根田真澄、武田彩、佐藤聡見、本田知久、武田彩、高野稔、滝川蓉子
教育・管理 専門理学療法士 本田知久
認定理学療法士 高野稔
呼吸 認定理学療法士 高野稔
認定作業療法士 根田英之、高田善英

臨床研究に関する情報公開

本サイトは下記の指針に従って一般財団法人 脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院リハビリテーション科において実施される臨床研究に関する情報を公開しています。これらは研究対象者等からインフォームド・コンセントを受けない場合に、研究に用いられる情報の利用目的を含む当該研究についての情報を研究対象者等に公開し、研究が実施されることについて研究対象者等が拒否できる機会を保障するものです。

  • 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針
  • 疫学研究に関する倫理指針
  • 臨床研究に関する倫理指針